ミケガモのブログ

アポカリインセクト【デュエプレ】【DMPP-06】

デッキレシピ

f:id:mikegamo:20201126002319j:plain

  • コンセプト:A
  • 完成度:A
  • デッキパワー:B
  • 思い入れ:A

森が燃えても、虫はしぶとく生き残る。

キーカード解説

《オブシディアン・ビートル》

f:id:mikegamo:20201124232851j:plain

1弾登場、6マナのW・ブレイカー。 破壊されると、マナからもう1体のコイツが出てくる。

破壊置換効果を持つカードはいくつかあれど、 (実質的に)完全に場に留まるクリーチャーは現時点で唯一。 微妙に重いのがネックだが、除去コン相手の詰めのシーンでは強さを発揮する。

マナを先に破壊するようになった《悪魔神ドルバロム》を許すな。

《アポカリプス・デイ》

f:id:mikegamo:20201124232936j:plain

6体並んでいれば全破壊。 相手が展開してくるデッキにはぶっ刺さる。

自軍も巻き込んでしまうという欠点を克服するべく、今回は破壊されても場に残る《オブシディアン・ビートル》と一緒に使ってみたい。

《オブシディアン》&《アポカリ》のコンボの起源は、私が遥か昔に読んだこちらの記事に遡る。 友人同士で「《???》のカード、何だと思う?」という会話をしていたのが懐かしい。*1

読者の皆さんへ挑戦状。謎のデッキ、“KAMUI”!

デュエプレでは、ブリザード・ウェーブ・ツヴァイ・エンジェルなど、魔改造を施された横並べデッキが増えている。 現状の《アポカリ》は、その対策として割と汎用的なメタカードになっている節がある。 メタカードとして使われているレシピでは、特に自軍への被害は考えず、ブーストしつつ《アポカリ》を撃ち込んで汎用カードを再展開という構成を取るものが多い。

《アポカリ》を如何に工夫して使うかを考えたい自分としては、寂しいような悔しいような、何とも言えない気持ちになる。

構築解説

《オブシディアン》の緑、《アポカリ》の白に加えて、相性の良いカードを擁する黒を採用。

デッキコンセプトを明確にするため、《オブシディアン》と同じ効果を持つ《アンブッシュ・スコーピオン》を採用した。 カードパワーとしては非常に頼りない。 《オブシディアン》《アンブッシュ》は自身がマナゾーンにもいなければ話にならないため、どちらも4積み。

f:id:mikegamo:20201124233035j:plain

このデッキの重要カード、マナに《オブシディアン》《アンブッシュ》を送り込める《無頼魔獣ギガヴォル》。 ブーストのおかげで《オブシディアン》に綺麗に繋がる。 《青銅の鎧》よりも山札消費が激しいため、1デュエル中に何度も出せるカードではない。 普通なら2~3枚に抑えるカードだが、準コンセプトなので思い切って4積みした。

f:id:mikegamo:20201124233047j:plain

《ギガヴォル》→《オブシディアン》の次に出すのは、《二角の超人》《大勇者「二角牙」》。 さらにマナを増やして《オブシディアン》《アンブッシュ》をサポートする。

f:id:mikegamo:20201124233100j:plainf:id:mikegamo:20201124233103j:plain

《ギガヴォル》と相性の良いカードとして、《凶星王ダーク・ヒドラを採用。 ついでに、ダークロードと黒の枠確保の意図で《無双恐皇ガラムタ》も入れた。 この辺のギミックは、《ヒドラ》《ガラムタ》《ギガヴォル》が収録された4弾の頃からのお気に入りである。

f:id:mikegamo:20201124233127j:plainf:id:mikegamo:20201124233131j:plain

さて、勢いのままに《アンブッシュ》を入れてしまったが、素のスペックが低すぎてそのまま活躍することは不可能だ。 何かしら付加価値をつけなければ、彼に未来は無い。

こんなカードに役割を持たせられるカードなど、一体あるのだろうか……?

…………………………

…………………………

どーーーーん!!!

f:id:mikegamo:20201124233151j:plain

やっぱり《大昆虫ジェネラルマンティス》だよな!

《アンブッシュ・スコーピオン》は、PA+3000によりパワー5000に到達してW・ブレイカーが付与される。 ヤツを救えるのは、同じ昆虫であるコイツしかいない。スコーピオン(サソリ)は昆虫じゃないけど……

このデッキには他にも《オブシディアン》《ヒドラ》《ガラムタ》《二角》《二角牙》と、《ジェネラルマンティス》の恩恵を受けられるカードが大量に入っている。

進化元として《スナイプ・モスキート》も入れれば、《ヒドラ》でギガント・インセクトをもりもり回収できる。

《アポカリ》一掃後にワンチャンスを拾いたいとき、進化速攻は非常に重要である。

贔屓目なしでも、真面目に《ジェネラルマンティス》がベストカードになるわけだ。

mikegamo.hatenablog.com

mikegamo.hatenablog.com

mikegamo.hatenablog.com

……ほんとだよ?

改良点

元々このデッキを組もうと思ったきっかけは、 《ヒドラ》で直接回収できる《英霊貴族ムーンライト》を《アポカリ》と組み合わせたかったから。 面白いカードを突っ込んでいたら最終的に抜くしかなくなった。

《ムーンライト》が抜けたことで、6弾の今に組む意味は薄くなってしまった。 《オブシディアン》の次ターンに打点を増やして殴りに行ける《二角牙》、 終盤に軽く撃てる《バリスパ》が入っているので許してほしい。

《アンブッシュ・スコーピオン》を抜いたり、 さらには《オブシディアン・ビートル》を抜いたりして、 純粋なパワーカードを積んだ方がデッキパワーと勝率は上がる。 しかし、そうしていると何をしたいのかが段々分からなくなってくる。 迷走の末、ファンデッキとしての芸術点を優先した結果、今回のレシピで満足して投稿するに至った。

対速攻は

  • 2t 《幻緑》or《モスキート》
  • 3t 《青銅》or《ギガヴォル》
  • 4t 《アンブッシュ》or《ガラムタ》
  • 5t 《モスキート》&《ジェネラル》

を狙う。

速攻を見て《幻緑》を入れることにした。抜けたのは《二角》。リソースを取るカードが少なくなったのが辛い。

おわりに

《アルファディオス》に殴り返されても大丈夫。 f:id:mikegamo:20201124233303j:plain

*1:答え合わせは無いが、おそらく《アポカリ》で間違いないだろう。