ミケガモのブログ/a>

REALFORCE R2のキートップが壊れたので修理した

キートップ破壊

先日、REALFORCEを運んでいる途中に左Shiftキーのキートップを物理的に壊してしまった。 キートップ裏の軸が折れてしまって、キーボードに刺さらない状態である。

f:id:mikegamo:20190824194055j:plain
故障したキートップ
REALFORCEの軸は東プレ独自の規格であり、他者の互換品を使用することができない。 そして、現在REALFORCEとしてはキートップの単体販売をしていない。 修理に出すなら全体修理扱いで8000円はくだらない…ということで、なんとか自分で修理する方法を探すことにした。

応急処置

間に合わせの修理として、キー軸とキートップグルーガンで固めてくっつけた。 キートップ裏には切った下敷きを貼り付けて表面を平らにした。

グルーガンダイソーで購入したもの。 接着に失敗してもグルーを引っぺがせば復旧可能なのが安心。

ダメもとで試した割には接着状態が良く、1週間くらいは我慢して使えていた。 違和感が無いわけではないが、あまり使わないキー(Fnキーとか)だったらこれで十分だったと思う。 しかしなにぶん使用回数が多い上に、同時押しのときには粗雑に扱うことになるShiftキー。 結局、キーのぐらつきに耐えきれなくなって他の方法を探すことに。

REALFORCE軸-CherryMXキャップアダプター

ネットの海を漂っているうちに、
REALFORCEキーボードにCherryMX軸用キャップを装着するためのアダプター」
なるものがあることを知った。

akiba-pc.watch.impress.co.jp

さっそく遊舎工房に出向き、アダプターとキートップを購入。 アダプターが54円、キートップが108円。

左Shiftキーはキーサイズが2.25Uで、同じサイズのものを投げ売りコーナーから拾った。 アダプターは3種類のうち一番大きいものを購入。

f:id:mikegamo:20190824194058j:plain
購入したパーツ。

修理工程

REALFORCEを分解する。詳細はよその記事を参照。 ネジがとんでもなく多いが(計43個)、シンプルな構造のおかげでさほど難しくなかった。

キートップ群部分を基板から外したら、キー軸を交換する。 左Shiftキーは金属棒にキー軸を引っかけるという特殊な構造だったが、問題なく交換できた。 元のキー軸にはゴム製のリングがはめてあったので、交換するアダプターに付け替えた。

f:id:mikegamo:20190824201645j:plain
元のキー軸(左)とアダプター(右)。

一通り動作確認してから組み立てる。

f:id:mikegamo:20190824205822j:plain
組み立て後のアダプター。

最後に、買ってきたキーキャップをはめる。 キーキャップ裏の突起が邪魔になってキーを押し込めなかったので、ペンチでねじ切ってしまった。

f:id:mikegamo:20190824194117j:plainf:id:mikegamo:20190824194113j:plain
加工前(左)・加工後(右)。
キーの高さは粘着テープで調整した。

完成。

f:id:mikegamo:20190824194102j:plain
交換後。
表面の傾斜が他のキーと違うものの、想像以上にピッタリ。 強く打鍵しても大丈夫。 もし使用感が気になった場合には、別のキートップを購入しようと思う。

他の手段

PFUからは販売されているHappy Hacking Keyboard(HHKB)用のキートップは、REALFORCEとの互換性があると思われる。 ネット上にShiftキーを交換した例が無かったので今回は見送った。

www.pfu.fujitsu.com

コピーしたGoogleスプレッドシートファイル(.gsheet)のリンクが機能しない

この記事では、PC内のGoogleドライブフォルダに保存されるファイルのことを"ローカルファイル"と呼びます。

.gsheetファイル

基本情報

.gsheetファイルとは、Googleスプレッドシートの各シートに1対1対応で紐づけられたファイルである。

.gsheetファイルは、スプレッドシートのデータそのものではない。中身はシートのURLであり、Googleが管理しているシートにアクセスするためだけのファイルである。

Googleドキュメントとの関係

Googleドキュメントでスプレッドシートを作成すると、Googleドライブ内に同名の.gsheetファイルが生成される。

ブラウザ上でGoogleドライブもしくはGoogleスプレッドシートを起動し、.gsheetファイルをクリックすると、対応したシートを開くことができる。

.gsheetファイルは、Googleドライブ上の任意の場所に移動・コピーすることが可能である。 .gsheetファイルを移動しても、シートとの紐づけが崩れることは無い。

一方、.gsheetファイルをコピーすると、そのスプレッドシートのコピーも自動で作成される。

「バックアップと同期」との関係

Googleの「バックアップと同期」をPCにインストールしている場合、シートを作成するとPCのローカルGoogleドライブフォルダに.gsheetファイルが保存されていく。 .gsheetファイルをローカルでダブルクリックすると、対応したシートをブラウザで開くことができる。 ローカルの.gsheetファイルをテキストエディタで開くと、その中身が「対応したシートのリンクURL、シートID、オーナーのGmailアドレス」であることがわかる。 f:id:mikegamo:20190301194618p:plain ↑ ブラウザ上のコピー・移動。

今回の問題

.gsheetファイルをローカルでコピーすると、スプレッドシートのコピーを作成できる。 しかし、ローカルでコピーした.gsheetファイルをダブルクリックしても、コピー元のスプレッドシートが開かれてしまう。

例えば以下のような具合。

ローカルのA.gsheetをコピーし、B.gsheetにリネーム。

すると"B"というスプレッドシートが新規に作られ、シート"A"とは独立して編集できる。

しかし、ローカルのB.gsheetをダブルクリックするとシート"A"が開かれてしまう。

ブラウザ上でB.gsheetを開けば、シート"B"を開くことは可能。

この問題が起きるのは、ローカルでコピーしたときだけである(ブラウザ上でコピーすると発生しない)。

コピーした.gsheetファイルの中身をテキストエディタで開いてみると、中身のリンクURLやシートIDがコピー元の.gsheetファイルと全く同じであることが確認できる。どうやら、コピーしただけでは中身が書き換わらないということらしい。

解決方法

  1. リンクが機能していない.gsheetファイルを、ローカルのGoogleドライブ上で削除する。
  2. ブラウザ上のGoogleスプレッドシートにて下図のようなポップアップが出るので、「復元」を選択。
  3. 削除した.gsheetファイルが復元される。

f:id:mikegamo:20190301194638p:plain

↑ ファイル削除後に出るポップアップ。

このようにして復元された.gsheetファイルは、リンクが正常に機能する。 中身を確認すると、URLやIDが更新されている。


Googleドキュメントについて熟知しているわけではありません。間違いがありましたらコメントしていただけると非常に助かります。

HDMI分配器に繋いだPS3が映らない

トラブル内容

HDMI分配器を通してPCモニターに接続すると、PS3のみ映像が表示されない。PS4, Switch, WiiUでは動作確認済み。 PS3から直接モニターに接続すると正常に表示される。

  • ハード:PS3 (CECH-4300シリーズ)
  • HDMI分配器:Amazonで購入した3入力1出力の切り替え器。商品ページは消失。
  • モニター:EX-LDGC251TB www.iodata.jp

ちなみに以前使用していたモニター:ViewSonic VX2363SMHLでは問題なく動いていた。 www.viewsonic.com

解決方法

PS3メニュー>設定>ディスプレイ設定>Deep Color出力(HDMI) を「切」に変更する。

文字通り、Deep Colorの出力設定を行う項目。説明には「映像が不安定または色が不自然な場合、この設定を[切]にしてください」とある。「切」にしても画面の見た目にはほとんど変化がなかった。

コメント

  • PS3は映像の出力が弱いらしく、同じようなトラブルに遭っている人がいくらか見受けられた。
  • HDMIケーブルとの相性が問題だったという報告も。自分の場合は無関係だった。

スマホ保護フィルムはアンチグレアに限る

注:あくまで自分の好みの話である。

何があった!?

先日、スマホの保護フィルムを新たに貼り直した。今のスマートフォンは使い始めて1年半くらいになるが、かれこれ4枚目のフィルムとなる。裸時代も含めれば5タイプ目だ。 どのフィルムも「使用感が気に入らずにすぐ剥がす」ということはなかった。が、 十分な検討の果てにようやくアンチグレアフィルムに落ち着いたので、その過程を残しておこうと追う。 以前の端末では「アンチグレア→光沢寄りのアンチグレア`」と貼り替えていた。 つまるところ今回の件はただの原点回帰なのだが、一周して戻ってきたという事実が大事…だと思う。

使用機種はHuawei nova lite。側面2.5Dラウンド加工のせいで、画面を端まで覆えるフィルムが無いことに定評がある。もっともラウンド加工は最近のトレンドなので、同じ問題を抱える機種は多いのではないか。

レビュー

100均の保護フィルム

  • 特徴
    • コスパ抜群。「とりあえず」なら十分。
    • 色・透明度にこだわるなら他を探そう。

ダイソーの保護フィルム。フィルムは厚めで、やや柔らかい。タッチの滑り・なめらかさは良くも悪くもなくといった感じ。

透明感はそこそこ。しっかりしたメーカーの製品と比べるとどうしても劣るが、使い比べなければ意識するほどのこともない程度の差である。

シリコンスプレーを吹きかけると滑りが良くなるとの書き込みを見て、実践してみたことがある。確かに摩擦は低減されるが、ヌルヌルとした感触なので好みが分かれそう。タッチ精度が若干落ちた気がしたのも記しておく。

値段なりの品質ではあるものの、コストパフォーマンスは間違いなく最強だろう。良いフィルムを見つけるまでの間に合わせとしては十分な一品。失敗しても気軽に再チャレンジできるので、フィルムを貼り慣れていない人は100均の製品で練習してみると良いと思う。

気になったのは誤反応。自分の場合、触っただけでタップが多重反応を起こすことが時々あった。

スマホを買って5ヶ月くらいはお世話になっていたが、落として大きめのキズがついてしまったため貼り替えることに。画面本体は無事だったので、保護フィルムの役割も十分果たしてくれたといえる。

TPUフィルム

  • 特徴
    • とても薄く、装着感フリー。
    • 触り心地は独特。
    • 貼るのが難しい。

www.amazon.co.jp

質感は「薄くて柔らかいビニール」。爪で強く引っ掻いたら跡が残りそうだった。曲面の画面端をぴったり覆うことができるのはその柔らかさのおかげ。

表面は特に滑りが良いわけではない。 ふかふかした独特の感触がある。透明度は高かったが、ニュートンリング的な模様が見えていたと思う。

購入したフィルムは3枚入り。あの薄さのものを一発で貼るのは流石に困難というものだ。メーカー側もそれを分かっているのだろう。

コイツを剥がしたきっかけは、前面カメラ周りの細くなっている部分が伸びてきたのと、またしても多重反応が起きていたため。 耐衝撃性については不明だが、材質的からして期待すべきではないだろう。 全体的に、貼る意味をあまり感じないフィルムだった。

ガラス(枠接着タイプ)

  • 特徴
    • 接着の構造上、画面に気泡が入らない。
    • 光沢、透明感はピカイチ。

www.amazon.co.jp

枠接着タイプは、四辺だけをのりで接着する方式を取っている。 画面部分は吸着せず、本体との間に僅かな隙間ができる。そのため、気泡は絶対に入らない。

滑りは普通、透明感は最高。ガラスのハードな手触りは裸の本体よりも好みだった。画面の汚れも拭き取りやすい。ここ数年はガラスフィルム時代なのにも納得だ。

このタイプのフィルムは、目を凝らしてみると 格子状に小さい粒のようなものが埋め込まれている。これは画面とフィルムの常時接触を避けるための接点ということらしい。

はじめは普通に使えていたのだが、次第に画面とフィルムの空間が気になってきてしまってダメだった。タッチしたときのスキマ感だったり、微妙にレスポンスが良くないときがあったり、使い心地としてはあまりよくなかった。画面吸着タイプのガラスフィルムならまた違うのかもしれない。

フィルム無し

  • 特徴
    • 理論上、発色とレスポンスは最高。
    • 落とせない。

透過性や反応の良さなんて、そもそも貼らないのが最強に決まっている。熱がこもりにくい、フィルムの縁と画面の段差もない。 至極当然だが、スペック的には一番強い。

画面のガードを前面を覆うケースで賄うなら、選択肢としては全然アリだと思っている。 神経質な人には勇気の要る決断だが、思い切って使ってみると意外と大丈夫なものである。

アンチグレアフィルム

  • 特徴
    • 滑りやすさによりタッチの操作性が抜群。
    • ギラギラせず目も疲れにくい。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06X6NGMD5/ref=oh_aui_detailpage_o05_s01?ie=UTF8&psc=1www.amazon.co.jp

結論。操作性を優先するなら絶対にここに着地すると思う。 この触り心地は他のタイプおよびフィルム無しでは得られない。 特にスライドを多用するアクションゲームでは重宝するだろう。 画面保護という役割以外にも多くの付加価値を提供してくれるのは、アンチグレアタイプだけだ。

特長と背中合わせのデメリットとして、光量が減ってしまう点が挙げられる。 ただ画面の反射を抑えられるので、見やすさとしては変わらないか、場合によってはアンチグレアの方が優れているだろう。 あとは光沢のある画面にこだわりがあるかどうか。

経験的に、ひっかき傷に少し弱いかもしれない。材質の耐久性ではガラスフィルムに軍配が上がる。

フィルム無しから移行した直接のきっかけは、 100均の布製スマホ入れをなくし(通算五回目)、いい加減に装着するタイプのケースを買おうと発起したこと。 手帳タイプのカバーは展開時に邪魔になるので、背面のみタイプとして定番のラギッドアーマーを選んだ。

Amazon CAPTCHA

前面を覆わないので、じゃあフィルムを貼ろう…というわけである。

nova lite固有の事情として、このタイプのフィルムだと画面端を覆えない。 画面表示部分のうち、左右それぞれ1mmずつがフィルムからはみ出してしまう格好になる。 端からスライドするときに指が引っかかるが、それほど気になるものではない。縁の感触も、これはこれで良い。 ラギッドアーマーはケース部分が前面の縁にせり出しているため、画面端を覆わないフィルムでも隙間が気になりにくいと思う。


スマートフォンにお金をかける気はあまりなく、端末は安さを最も重視している。 スマホで出来ることなどたかが知れているという見下したような発想をしているために、つい色んな所で粗探しをしてしまう。 だからせめてハードウェア面だけでも快適にしておきたい、というのが私の方針である。 そのためにフィルムとスマホの使い勝手に執心したのには矛盾を感じないでもない。

AutoHotkeyの導入 ~KeySwapとの併用~

キーバインド設定のためにAutoHotkeyを導入した。KeySwapの拡張として、同時押しで1つのキー入力などの少し高度な設定をするのが目的。今の所複雑なプログラムを書く予定はない。

日本語化はされていないがその機能性から広く普及しているようで、wikiをはじめとした解説サイトが非常に充実している。が、初めて導入する人にソフトの概要を簡潔にまとめたサイトが見当たらず苦心したのでここにメモしておく。私のようにとりあえずキーバインドの設定だけできれば良いという人を想定して書いている。


概要

AutoHotkey本体は、.ahkスクリプトを実行するための常駐型ソフトウェアである。インストールした時点でソフトのスタートアップ設定が完了する。

.ahkファイルにはホットキーの設定を記述する。例えば、

a::send,{b}

は、「aキーを押すとbが入力される」というスクリプトである。

.ahkファイルをダブルクリックすると、ファイル内のスクリプトがPC電源を切るまで半永久的に実行される。

インストーラーでインストールすることにより、

  • .ahkファイルとの自動関連付け
  • 右クリックメニューに「新規作成 > AutoHotkey Script」を追加。任意の場所で.ahkファイルを簡単に作成可能

といった機能が導入される。

実践

キー設定を常駐させるまでの手順は2ステップ。

  1. 「新規作成 > AutoHotkey Script」で、設定したいキーバインドの.ahkスクリプトを作成・保存する。
  2. .ahkファイルのショートカットリンクを作成し、スタートアップフォルダに移動する。

PC起動中はAutoHotkeyがタスクトレイに常駐している。右クリックから「Suspend Hotkey」を選ぶと、一時的にキーバインドを解除できる。

スクリプトは検索すればテンプレートがいくつも出てくるので、それを少し改良すれば簡単に自分の求めるものが作れるはず。↓のサイトの(2)鉄則を覚えよう!は非常に大事。 ch.nicovideo.jp

機能の限界・KeySwapとの併用

どうせなら今まで使っていたKeySwapの設定をAutoHotkeyに一元化しようと思ったのだが、AutoHotkeyCapsLock, NumLockなどのロックキーや、半角/全角キーを出力に設定することができない(できるかもしれないが動作を安定させるのが困難だと思われる)ため、結局両者を併用することにした。現在は以下のように設定している。

  • KeySwap
    • 左CtrlとCapsLockキーの入れ替え。
    • 無変換キーを半角/全角キーに。
    • 変換キーを左Shiftに。
  • AutoHotkey
    • Insertキーをシフトキーと同時に押したときのみ動作させる。
    • NumLockキーを"="に設定。

AutoHotkeyスクリプト

+Ins::send,{Ins}
Ins::return
Numlock::send,+-