ミケガモのブログ

デュエプレ DMPP-25 環境考察メモ

mikegamo.hatenablog.com

スタン落ち・性能調整

NDから19弾がスタン落ち。 《刃鬼》《ジャバジャック》《シャングリラ》、【祝門】パーツなどが使えなくなった。

性能調整は、《逆転のオーロラ》のマナブーストがアンタップインになった点のみ。 革命テーマへの多少の支援になりうるが、環境にはほとんど影響がない。

【レッドゾーン】

https://pbs.twimg.com/media/GNoTEFqacAA6grJ.jpg:medium

新弾リリース直後に大流行。 受けの意識が強まった結果、環境トップからは1段落ちた。 とはいえ人気は健在。 今シーズンの環境を規定するデッキタイプの一つ。

速度重視の赤単型に始まり、手札交換を重視した赤青型が出現。 最終的に、「サプホチャブル」の押し込みとトリガー《スパーク》を搭載した赤白型が最もメジャーな型となった。

【赤単ガトリング速攻】はより速度に特化した類似デッキと言える。

https://pbs.twimg.com/media/GLN2akubcAA68om.jpg:medium

【白単天門】

https://pbs.twimg.com/media/GNoKhHXbUAAoVIT.jpg:medium

【レッドゾーン】に対抗する受けのデッキとして台頭。 環境中盤以降は【レッドゾーン】の減少、ならびに【天門】を意識した【黒単】【モルトNEXT】【モルト王】の増加に伴って数が激減。 メタの移り変わりとはいえ、流石に減りすぎであるようにも感じる。

《エンジェル・フェザー》でリソースが安定するようになった。

【黒単ヘルボロフ】

https://pbs.twimg.com/media/GNokmJWacAA6iAl.jpg:medium

不利対面が少ない。数少ないコントロール系デッキにして、環境トップの一角。

【レッドゾーン】【天門】【赤青UK】などが手札を溜め込むようになったので、《タイガニトロ》の起用が増えた。 《ウェルヘル》の吊り対象として《ブラックサイコ》の採用も見られる。

【赤青UKパンク】

https://pbs.twimg.com/media/GNoVdQpbwAA5Nhi.jpg:medium

カウンター性能が非常に高い撹乱ビート。理論上の対応力の高さから、環境最強デッキと目される。 ドラグハート利用や盾仕込みに対して、《槍》で簡単に対処できるのもアピールポイント。

《キリモミ・ヤマアラシ》でエグザイルのATを即起動できるようになった。 《ロビー》《カツキング》が次でスタン落ちすることに留意。

【白単サザン】

https://pbs.twimg.com/media/GNoPgyqbEAE4ZSx.jpg:medium

なんだかんだ強いまま。 《レッドゾーン》メタの《オリオティス》を無理なく採用可能。

ララァ》登場で軽減力アップ。 《龍アガピ》や《エバロ》をが抜け、上のコスト帯である《ロージア》《ミラクルスター》《バラディオス》が入るのが今期の特徴。

モルトNEXT】

https://pbs.twimg.com/media/GNoSKJiaYAA0INA.jpg:medium

過熱した【レッドゾーン】ブームが去り、遅いデッキが出てきたことで復権。 立ち位置以上の人気がある点は相変わらず。

モルト王】は少し速度を落として、トリガーと盤面処理に割いた形。

https://pbs.twimg.com/media/GLQfDDXbsAAHkx-.jpg:medium

【5cデッドマン】

https://pbs.twimg.com/media/GNpnvq6a0AURdyy.jpg:medium

前期から続投。 《ジョーカー》を失うも、早期に《ヴィルヘルム》《VAN》を飛ばす動きが評価される。

【5cエグザイル】

https://pbs.twimg.com/media/GLN1Vb2asAAO5MZ.jpg:medium

《巨大設計図》で新たに成立。 《菌次郎》の攻撃でマナを伸ばしながら、《世紀末》や《覇》などの大型フィニッシュカードにたどり着く。 初見殺し感の強いデッキ。

【5cMAS】

https://pbs.twimg.com/media/GNrY5wZasAEZe0V.jpg:medium

5c系列では最後に登場。 《MAS》をエンジンとしたトリーヴァの耐久基盤に、《世紀末》をタッチして決定力を補っている。 【5cエグザイル】同様、初見殺しの要素も強い。

【黒単ネロソムニス】

https://pbs.twimg.com/media/GLNzmm2a4AA2ZHK.jpg:medium

環境初期に少し流行り、その後もちょこちょこ見かける。 赤をタッチして《盗み》《クロスファイア》を採用するパターンもある。

固有の強みこそあれど、最終的に使い手を《ヘルボロフ》に持っていかれてしまった印象。

【トリガーロージア】

https://pbs.twimg.com/media/GOCFoazbgAA25_Z?format=jpg&name=4096x4096

https://pbs.twimg.com/media/GOCFodzbgAAHTqD?format=jpg&name=4096x4096

https://x.com/Lilia_0w0/status/1792579584812003589

環境初期に【レッドゾーン】への嫌がらせとして登場。 勝率は高くなかったが、長すぎる試合時間が運営から咎められた。

《サイン》殿堂は形式上のもので、その気になれば簡単にリペア可能。 《ヘルボロフ》と融合したリペア型を時々見かける。

【サインシューゲイザー

https://pbs.twimg.com/media/GLPMvnabsAESHFS.jpg:medium

環境前半は《レッドゾーン》による高速化にやや苦しんだ。 残念ながら【トリガーロージア】への制裁に巻き込まれ、デッキコンセプトが崩壊してしまった。

【緑単サソリス】

https://pbs.twimg.com/media/GNoQqO7aUAAu8H1.jpg:medium

環境中盤まで忘れられていたが、新規の《ジャーベル》をリソースとして活用する後ろ寄せの構築が話題に。 その後、スタンダードな前寄せの構築が見直され増えていった。

note.com

【シータドギラゴン】

https://pbs.twimg.com/media/GNrY5wZbgAAqJQz.jpg:medium

「オーロラメラッチドギラゴン」コンボでワンショッを狙う。 【レッドゾーン】大流行の環境初期と、【トリガーロージア】制裁直後に特に流行した。

やや不安定だが、一定の強さはある。

【イメンブーゴ】

https://pbs.twimg.com/media/GNoRLbLacAAWv-O.jpg:medium

《サイレントスパーク》を失ったのが地味な痛手。 まだある程度は強いが、使用者は少し減ったか。

【黒ブリザード

https://pbs.twimg.com/media/GNoRR0JaMAA8woM.jpg:medium

《ホルデガンス》《ジャーベル》でリソースを稼ぎやすくなったことで特に黒型が注目。

ビートプランとザビミラプランの切り替えが求められるためやや難解。 練度の高いプレイヤーが使いこなして上位を取っている。

【キリモミカチュア】

https://pbs.twimg.com/media/GNoPVV5bwAAxFyl.jpg:medium

「《キリモミ・ヤマアラシ》は《カチュア》がいるせいで実装できない」という通説が崩壊。 環境中期に戦績が報告されると瞬く間に使用率を伸ばした。

最初に話題になったのはワーグナーフュージョン型。 その後、シータ基盤の《ヴィルヘルム》《モルト》王型が台頭した。 3枠目のドラゴンは《覇》《サファイア》などが選択肢。

【赤単ガトリング】

https://pbs.twimg.com/media/GNoP_Hfa0AAj5T_.jpg:medium

スノーフェアリー】【カチュア】のどちらにも速度で対抗できる速攻も人気。 ADでは《ボロック》でさらに速度を上げている。

その他

【カチュア】の台頭に伴い、軽量ハンデス&除去の価値が上昇。 また、【赤単ガトリング】に対してはトリガーか軽量ブロッカーが欲しい。 これらに適合した【MRC】の立ち位置が少し良くなった。

殴ってくるデッキに対しては、《エルドラード》を積んだ【天門】でメタを張る流れもある。

その他では、【緑単サソリス】【エタトラ刃鬼】【白単サザン】【5cコントロール】などが引き続き多め。NDと共通のデッキとしては、【白赤レッドゾーン】【赤青UKパンク】なども見られる。

参考

ドギラゴンカップ最終TOP100(ND) - Togetter

ドギラゴンカップ最終TOP100(AD) - Togetter