ミケガモのブログ

デュエプレ DMPP-17 環境考察メモ

mikegamo.hatenablog.com

mikegamo.hatenablog.com

17弾環境前半

レシピは主に↓から引用。

togetter.com

ND

17弾屈指のパワーデッキは、【白Nエクス】。 16弾で成立した《N》《エクス》基盤に、17弾のパワーカード《吸い込む》《リュウセイ・ホール》《大地》を配合。 最初期は素直なシータカラーも見られたが、次第に白を混ぜて《ホワイトグリーン・ホール》《DNA》を投入した型が一般的になる。 《リュウホ》と勝利シリーズによる盤面処理と、《ホワグリ》の耐久力により、ミッドレンジから超ロングレンジにまで適応できる万能デッキが完成した。 確定除去やハンデスこそないものの、盤面処理能力や防御性能の高さからコントロールのようだと評されることもしばしばある。 デッキ基盤が純粋に高グッドスタッフのため、メタられてもトップは揺るがない。立ち位置としては、過去の【5cゲオルグ天門】【ネクラ超次元】に近いか。

序盤に圧倒的なシェアを占めた【白Nエクス】に対し、これを下せるデッキが開拓されていく。

簡単に有利を取れるとされるのが、【緑青鬼龍院刃】。 立ち上がり遅めな【白Nエクス】に対し、ランプ戦術が刺さるという仕組み。 《刃》もまた16弾のカードだが、これも《大地》《吸い込む》で安定性が上がったのが特徴である。 《クルメル》《ダンシング・フィーバー》といった、専用とまでは行かないが非常に相性のいいカードを手に入れているのも見逃せない。 さんざんソリティアした後は、タッチした《ザビミラ》からの《死海竜》で〆るタイプが人気。 プレイ感覚はだいぶ違うが、以前なら【黒緑ドルバロム】【フュージョン】【ライゾウ】が座っていた席である。

また、呪文メタを張るという路線もある。 実は【白Nエクス】の新弾パワカは呪文に偏っているため、呪文メタがかなり刺さる。 中でも一番有力なのは、《ガガ・アルカディアス》を積んだ【エイリアン】。 比較的構成の近いシャチホコもここに分類しておく。 ハンデスへのガードが下がった環境では、《特攻ジェニー》《ザビ・バレル》もよく刺さる。

【白Nエクス】へのメタが進んだことで、それに虐げられていたデッキも少しずつ反旗を翻している。 前寄せした【シータNエクス】、 そして《N》に食われかけていた【シータ/トリーヴァラムダ】。 さらに、一度は死滅した【赤緑ハンター】までも使用報告が出ている。

また、途中から勢力を伸ばしたのが【青黒リバイバー】。 《ザビ・クロー》と《アツト》を招き入れた、継戦能力高めの墓地進化速攻デッキである。 環境がごちゃついたところで、【刃】のような遅いデッキを狩って勢力を伸ばしている。 実は【白Nエクス】には、16弾環境で多量投入されていた《スクラッパー》を積むスペースが無い。 当然《ホワグリ》《リュウホ》は死ぬほどキツいが、弱点の火力除去が無いおかげでなんとか立ち回れる。

【MRC】は《ヴォルグ・サンダー》を筆頭にまたしても強化を得た。 【白Nエクス】が《N》を《大地》で回してくる動きこそしんどいが、未だ環境での強さは衰えない。 瞬間的に墓地を肥やす《ヴォルグ》によって、構築は激変。 これまで必須だった《ベリアル》《プライマル》《ヤミノオーダー》すら採用が確定しなかったり、まさかの《スパーク》が入ったりしている。 《オレドラゴン》《絶体絶命》《ヴォルグ・ティーガー》など、フィニッシュの選択肢も増えている。 構築もプレイングもますますバリエーションが増え、より難解なデッキへと進化した。

https://twitter.com/Nami_Luca_DMPP/status/1600324220973522946?s=20&t=t_5WGLSw5rB5XpbX2UmdnA

ちょっとマイナーどころでは、新たなグッドスタッフ基盤として【セラフィナコン】が環境に姿を見せている。 《アマテラス・セラフィナ》は、元から相性の良かった《ザ・ストロング・ブレス》に加え、 今弾で《ホワグリ》《ブルーブラック》《陰謀と計略の手》をゲットし、カードパワーがぐんと上がった。 適当に出した《勝利プリン》から《クイーン・アルカディアス》に進化すれば、呪文メタもバッチリ。

ランプコンボとしては、17弾がND最後となる【キリコリペア】。 ここでもやはり《吸い込む》《大地》が強い。 《吸い込む》は《エナスパ》の枠を奪取する手札調整兼防御トリガー。 《大地》はマナのデカブツを出したり、トリガー《アマテ》《イカズチ》などの新たなプランを提供。 フルパワー構築も少なくなかった【キリコ】だが、ここに来て防御も固くなった。 【白Nエクス】の仕込んだ《DNA》を《サファイア》でサクッと焼けるのもいい。

そのほか、【ドラフレカチュア】【白緑シャンメリー/ガガアルカ】【オーケストラ】などが環境で見られる。

環境終盤には、トリーヴァデストラーデ》の基盤に《ザビ・ミラ》をタッチしたトリーヴァザビミラ】も台頭してきた印象を受ける。

デッキパワーでは【白Nエクス】が不動のトップだが、それによって少しだけ歪んだ環境に、様々なデッキが入り込んでいる。

note.com

duelmastersplaysneta.fc2.net

beans-duelplays.com

あなたの好きにしてくださいディビジョン。

前期暴れた【死海竜カチュア】は、《吸い込む》バウンスや《勝利プリン》ストップからの《勝利ガイアール》アンタップキラーで簡単に狩られるため絶滅。 《フォーエバー・カイザー》で《死海竜》が完全に止まるのも弱点となった。

旧3強の一角【スノーフェアリー】は、《勝利リュウセイ》のマナタップインが若干キツい程度で、まだ現役。 【ドロマー天門】【MRC】に至っては、弱体化点・不利要素はない。

これだけ書くとまた3強時代に戻るのかと思いきや、実際は全く逆。 ND最大勢力の【白Nエクス】参戦を筆頭に、様々なデッキタイプが活躍している。 ただし《リュウホ》の盤面処理能力が高いため、 【メカオー】【ツヴァイ】【アポロリペア】といった展開系のデッキは苦境に立たされている様子。

だいぶ前からその兆候はあったが、AD環境はたとえマスター帯であっても、純粋なデッキの強さ・相性を反映した環境にならない。現実には、

  • とりあえず前環境で強かったデッキを使う派
  • めんどいからNDと同じデッキでいいや派
  • 【ライゾウ】【5cコン/フュージョン】使わせろ派

など、メタ読み関係なく戦うプレイヤーが多いのである。 こういう背景もあって、熟練プレイヤーでさえも「最も勝てるデッキ」を導き出すのは難しい。

beans-duelplays.com

17弾環境後半

過去一番と言っていいほどメタゲームが面白い17弾は、わずか3週間で終わりを迎える。 2022/12/16実装の構築済みデッキ2種および「レジェプレ2023」がその転換点だ。

《紅蓮》《パンツァー》《シャチホコ・GOLDEN》《キリコ・ムーン》といった新規カード、 《ヘブンズ・ゲート》《ミルザム》再録、 《ゴースト・タッチ》復権&《エタガ》殿堂解除など、 特にNDでは過去ダントツの環境変化がもたらされる。

ND

《アマテラス》スタン落ちにより【キリコ】は消滅。 代わりの《プレミアム・キリコムーン》は後にADで活躍が見られる。

リリース直後は、《フェアリー・ミラクル》再録に伴い【5cコン】の人気が再燃した。 《ガドホ》《リュウホ》で5色揃うのもポイント。 レジェプレからは、再びの再録で使用権を維持した《宝剣》、新規の《シャーロック》が加わっている。

https://pbs.twimg.com/media/FmhctTLakAATN7U.jpg:medium

新しいデッキタイプとして【紅蓮ゾルゲ】が開拓された。 《紅蓮》の効果は無限ループ対策が施されているが、条件を揃えれば1ターンで《星龍王》《唯我独尊》を立てることが可能。

【青黒リバイバー】は、本来のアンチスペルフィールドを取り戻した《ゴーゴンシャック》を得た。 依然呪文が環境に多いので、メタカードとしてよく機能する。

https://pbs.twimg.com/media/FmhdkjLakAEvTEa.jpg:medium

安定して使用率が高いのは、【Nエクス】【ルドルフ天門】【刃】【MRC】の4つ。

【Nエクス】は、《リュウセイ・ホール》から《BAGOOON・パンツァー》を出せるようになった。 《N・ワールド》は時に利敵行為となるので、安定したドローソースを手に入れたのは朗報。 これ以外の3デッキが時限系のデッキのため、純正シータカラーの殴り要素が強い構築が流行った。

https://pbs.twimg.com/media/FmhdaweaYAUiIRo.jpg:medium

【ドロマールドルフ天門】は、《ヘブンズ・ゲート》再録により復活した天門系のデッキ。 《ヘブンズ》再録前も細々と研究されるくらいには可能性を秘めていた《ルドルフ》が、ここに来て花開いた。 久しぶりの【天門】ということで使用者も多い。 攻撃を誘発してトリガーをプレイできる《エル・ドラード》との相性は抜群。 《バースター》《デモナ》、《デス・ゲート》からの《特攻ジェニー》で《ルドルフ》の効果を起動できる。 というか《エル・ドラード》ってカードが強すぎる。

https://pbs.twimg.com/media/FmhZhzMaMAALb9n.jpg:medium

【刃】に特段の強化要素は無い。【ルドルフ天門】への相性が良いため、環境での立ち位置が良くなった。

https://pbs.twimg.com/media/Fmhck7QacAADen4.jpg:medium

【MRC】は相変わらず。いつ調整されるの?

https://pbs.twimg.com/media/FmhfaW9aMAIcxaY.jpg:medium

やや使用率は落ちるが、【赤緑ハンター】も注目されている。 【刃】への勝率が安定するほか、【天門】【MRC】相手にも早期決着の目を残せる。 《カモン・ピッピー》で《ウコン》《サコン》を並べ、《シシガミ・ホーン》のパワーを大幅に上げつつ《星龍王》も狙える構成を見るようになった。

https://pbs.twimg.com/media/FmkrFBLagAE74Qh.jpg:medium

オレドラゴンカップ終盤になって、《ヨーデル・ワイス》を組み込んだ【メンチ斬ルゾウ】が結果を残した。 後に18弾環境の覇者となるデッキタイプである。

https://pbs.twimg.com/media/FmhaPN0aEAYY0xy.jpg:medium

https://pbs.twimg.com/media/FmhceuqakAMgrf8.jpg:medium

beans-duelplays.com

AD

再録で環境が激変したNDと違って、ごった煮状態で変わらず。

参考

note.com