ミケガモのブログ

26弾・ミケガモが使ったデッキ【デュエプレ】

mikegamo.hatenablog.com

まだ

ブッディシリーズ

たくさん組んだので別記事にした。

mikegamo.hatenablog.com

『エグザイルステニャンコ』

《ステニャンコ》で能動的にエグザイルを起動する。 コンボアイデアビルド杯から。 デッキの構造が大きく変わってしまったので、動画にURLを載せるのは一旦控えておいた。

ターン開始時にドロンゴーした《ロビンフッド》や《マジックマ》をすぐに走らせたかったので、《イダテン・アクセラー》を採用。 メインステップ外で出たクリーチャーをSAにするのなら、素のコストが高い《ダッシュ・チャージャー》もアリかと思った。が、最近「紙から弱体化している」という衝撃の事実を知り、使う気がなくなってしまった。

一番やりたかったのは《マジックマ》を暴走させることだった。 しかし、実戦で使ったのはほぼ《ロビー/ロビンフッド》。 やはりドローもバウンスもイカれた強さである。

またしても《爆扇動アイラ》のお世話になった。 ドローが楽しすぎる。

《イダテン》を1ターン目にジェネレートしたかったので、 赤単色のカードを厳選して搭載。やりたいことを絞った結果、自分にしては珍しく4x10に近い構成となった。

『メリーアンダイソン』

ビルド杯で人気だったデッキアイデアに自分でも挑戦。 《メリーアン》を相手ターン中に破壊して墓地から《ダイソン》を吊り上げ、マッドネスを起動する。 捨てる前に5ドローが入るので、発射するマッドネスをそこで補充できる可能性もある。

《メリーアン》をブロッカー化するため、盤面にハンターを並べたい。 一番いいのは、《ブラックブルーホール》で黒いハンターを出しながら、相手に強制攻撃を付与すること。 それを《メリーアン》でブロックすれば、晴れてコンボ達成である。 ビルド杯で見かけたアイデアを自分でも再現。 多色を減らしたいこと、繰り返し使える可能性がある点を評価して、1枚だけ《カマン・カマーン》も入れている。

シンプルに強いハンターとしては、《ヨーデルワイス》が有力。 なんなら《ヨーデル》を2体出せば6点出るので、それだけでも十分な勝ち筋となる。

《ダイソン》は紙版からコストが1増えている。 意図がよく分からないが(なんなら《アカダシ》で出せなくなっている)、これを活かす方向で調整。 具体的には、《ロスチャ》で墓地に送る設計にしてコスト7を積んだ。 マッドネスの《パルテノン》、序盤の削り要員《ロビー》がその枠。

ビルド杯では《サイチェン・ピッピー》を積んでいる型が見られた。 《ガイアール・カイザー》の盾サイキック化効果も含めて強力だが、白と黒の色マナが欲しかったので、今回は《パルテノン》にした。 《ブラックブルー》《ヨーデル》のためにサイキック枠を割いてしまっているのもその理由の一つ。

《共倒れの刃》も地味に新要素。生贄がいなくても発動できる《デッドリー・ラブ》である。

『赤単メガデュアルショック

《メガショック》から《デュアルショック》を飛ばして4点。 両方ドラゴンなので、SAにするのも簡単だし、《バルケリオス》もくっつけられる。

SA要員は《ゴーオンピッピー》と《トットピピッチ》の2択。 《ゴーオン》は2体でお互いをSAにできる点、《トットピピッチ》は《ザンテツビッグ》でドラゴンが付与されたときに自身をSAにできる点がメリットとなる。

《ゴーゴージゴッチ》は、《メガショック》の前のターンに《メガショック》《デュアルショック》《バルケリオス》を仕入れられるのを期待して入れた。 動画には採用できなかったが、裏ではそれなりに働いてくれた。……使った試合は全て負けたということなので、あまり参考にはならないかもしれない。

《アサル・ドラッチ》もアピールポイント。 盾を削って革命2を発動できればドラゴンが付与され、ドラゴンサポートを受けられるようになる。 単体でも、《トップギア》から繋げば《シューターマッカラン》のような性能を発揮できる。

《ドギラゴン一刀双断》は、発動できれば高性能なトリガーでありつつ、手撃ちでブロッカーを突破する役割にも期待している。 《メガショック》のおかげで手札は溜まるので、速攻風の構成でありながら5マナくらいは目指せる。 その分シールドが減っていて危ないのだが。

『マスターGエンド』

《マスターG》に無敵が付与されたら、《ヒラメキ》で上に《THEEND》を乗せる。 《オオザワ》が完成しても《THEEND》が流されず、そのターンにトドメを刺せる。 付与された無敵を引き継ぐことに大いに意味があるデッキに仕上がった。 もちろん偶奇クイズは正解する前提。

侵略元は《ガンバランダー》《ガイアールホーン》。青のコマンドを作りつつ、ドラグナー・ドラグハートを並べて《THEEND》の生贄を用意する。 《ザンテツビッグ》に龍解すると全体にドラゴンを付与できる。 が、《ロココ》の場合は《THEEND》での破壊時に《ザンテツビッグ》が置換で先にマナに行ってしまうため、 《ロココ》が破壊されるときにはドラゴンが付与されないことに注意。

超次元ゾーンはキツキツ。《MAS》のための《エビデゴラス》、いざと言うときに《ガンバランダー》で凌ぐために《ウルオヴェリア》は必須と見ている。

《エマタイ》は《ロココ》を早く引くため、《サイバーブック》は《THEEND》を山に返すために採用。

ピタゴラス》を大いに評価している。 《ロココ》→《MAS》→《ガンバランダー》《トンプウ》 と動くともう7面埋まるので、 呪文トリガーにしておく必要がある。 青単だと《スパイラルハリケーン》が最初に思いつくが、このデッキは7マナまで貯まらない。 緑単の《エウルブッカ》の防御性能が高いことを考えれば、マナ送りがバウンスになったとしても十分なカードだと言える。 なんなら、バウンスしたカードを《オオザワ》で流せる分、《エウルブッカ》よりも噛み合っている……かもしれない。

『白緑ライトデュエルローズ』

出費:ミラダンテx1

《ライトデュエル》を主役にしたデッキを組みたかった。 《リーサ》《ミールマキシマム》などの鉄板コンボを尻目に、今回はデッキパワーの高そうな《アガピトス》を選択。 《アガピ》のタップ能力と《ライトデュエル》のバトル必勝を組み合わせて闘う。

《アガピ》の活用手段として《ジェネラローズ》を投入。単純に《ジェネラローズ》《アガピ》《ウルコス》だけで3打点出る。 《ライトデュエル》とは《ドラゴンズ・サイン》仲間。 《ヘブンズロージア》を入れる選択肢もあったが、回した結果《ジェネラローズ》1択。 むしろ《ライトデュエル》の立場が怪しくなってきて、そちらを3枚に減らしている。

《アガピ》からは絶対に《ウルコス》を飛ばしたいので、サイドカラーは緑一択。 一方で《ジェネラローズ》のマナ武装も早めに達成したい(目安としては《ドラサイ》から出した次のターンとなる6マナ時点で)。 緑単色の枚数はなるべく抑える意識で組んでいる。

以上のパーツが全てNDに分布していたため、NDで構築。 ADなら《リーサ》をお情けで1枚入れていたと思うが、今回は心を鬼にして締め出した。

コマンドがそこそこ並び、かつ小さい白のクリーチャーが出るということで、新人の《ミラダンテ》を起用。 流石に《バラディオス》を出せる構築ではないので、《ミラダンテ》が合理的に活躍できるという目算だった。 ところが、革命2が発動するタイミングは全く無く、使ったシーンは全て《6ミラクルスター》でも良かった。悲しい。

『ギョウクアトロドン』

2→《ギョウ》→《クアトロドン》で4t目に10マナ。 次には11マナで《VAN》《ワルド》が出せる。 cipの2ブースト時に《ピラフ》を撃てば、マナに落ちている《VAN》を回収できる。

11マナのカードはせいぜい2積みずつのところ、最速意識で《VAN》を3枚も入れている。 せっかくマナを支払うので、できればゼニスを出したい。 ただ、《ウェディング》は《クアトロドン》のブレイクで手札を与えてしまうのでイマイチ。 11マナではないが、《王牙》で次ターンのジャスキルを狙うのも悪くないかもしれない。今回は《スーパー四つ牙》ではできないことをしたかったので、11マナに絞っている。

《マップ》で安定感を出すために準緑単。 サブプランにいつもの《マリニャン》《ブッカ》基盤を採用し、《クアトロドン》を出せなくても軽減と物量で戦えるようにする。 こういうデッキのリソース役は《ザウロディレクス》に限る。

《ギョウ》以外にも、《レジルブッカ》《ザウロディレクス》《オトマクット》など進化元は豊富。実は《マリニャン》《ガイアール・ホーン》でも「緑のドラゴン」を作ることができる。マナカーブも5→6でちょうどよい。

最初は《ジャスミン》ではなく《フェアリー・ライフ》を入れていた。 《ジャスミン》に変更したのは、《マップ》で引っかけて最速ルートを安定させたかったのと、《ザウロディレクス》で回収したかったから。

『キンコングイカズチ』

出費:ギョギョラスx1

《キンコング》の《ギョギョラス》で《アマテ》《星域》して、寝ている進化を《イカズチ》で叩き起こして即攻撃。

《キンコング》でマナが減るのを失念していて、《星域》で《イカズチ》を出しにくいことに気付かなかった。 8マナからマナ爆誕すると、《ギョギョラス》1体をだけでもマナが足りなくなる。

十分なマナを確保するため、《セブンス・タワー》でターボ。 また、コスト軽減の《マリニャン》ではなく、面を稼ぎながらブーストしてくれる《ミランダ》《四つ牙》。

マナに進化を色々溜めたいので、《キンコング》は3積み。《マップ》で持ってくるという主張になっているが、しばしば行方不明になる。

『マスターGケルケルヨ』

《マスターG》は初の「完全な無敵状態を得る」カード。 今までは《ゴッド・ウォール》で破壊耐性のみ得ることができたが、《マスターG》は完全な除去耐性を得られる。 後天的に得た状態は進化しても引き継げるので、この上に他の進化クリーチャーを乗せたい。

しかし、意外にも乗せたい進化クリーチャーは少ない。 最近の進化は文明指定なので、《グローリーソード》で進化可能となるカードがは増えていない。 その条件の元、殴って仕事をし、返しのターンもぜひ生き残って欲しい進化クリーチャーというのは、実は少ない。 《タース・ケルケルヨ》は苦肉の計である。 無敵状態を引き継いだまま横に《マスターG》を並べ直し、無敵クリーチャーを増やす。 《ケルケルヨ》は生き残ればさらに下のクリーチャーを発射できるので、除去耐性を得る意義がある。

準備が死ぬほど大変な上、少なくとも2回連続で偶奇クイズを当てないとコンボが成功とならない。 実戦で決めるのは諦めてしまった。

ドローソースはもはや《ベガス》にした。ドローしたいのは遅めの相手なので、コスト高めでドローできる確率が高いはず。 軽めのデッキ相手にドローしたいときは、《ベガスダラー》の3ドローを使えばよいと主張しよう。

《コーライル》は少しでも《マスターG》のクイズを楽にするために入れている。 《ベガスダラー》のバウンスorドローを確定させることもできるので、結構便利。

『Σガミラループ改』

オリカの《プラーヤ》とGゼロ条件が緩和された《パラダイス・アロマ》で、【トワイライトΣ】の基盤が大幅に強化された。 普通に戦っても良いのだが、せっかくなので以前使ったループをアップグレードすることにした。

《プラーヤ》→《スプライト》《アロマ》 と繋げば、4ターン目までに3体展開しながら手札消費ゼロ。 《Σ》《クラゲン》《ホーガン》でループへの挑戦権を得ることができる。

以前《タケチヨ》とセットで入れていた《鬼面城》の枠が空き、スペースに余裕ができているのもポイント。 この枠で周辺カードの枚数を調整した。

cipドローが《クゥリャン》《プラーヤ》《スプライト》の計12枚になったため、手札パンクによるループ破綻の可能性が増大。 一応《スプライト》は6枚を超えるようなドローをしないので直接的な破綻の元にはならないが、《クゥリャン》《プラーヤ》は本当に危険。 破綻防止を強く意識し、手札リセットの《N》を2枚に増やした。 また、手札に寄ってきた《クゥリャン》たちをマナに閉じ込めるため、《ソルハバキ》も投入。 新規の盾交換《プルルン》と併せ、なるべく《クゥリャン》たちをループの輪から除外したい。 《ソルハバキ》を入れたのに伴い、《ガミラタール》は1枚減らした。

《プラーヤ》と《クラゲン》の効果処理画面は全く同じ。 無音かつぼーっとプレイしていると、《プラーヤ》から《Σ》をドローしてしまってループが破綻する(練習中に2敗)。 本番ではカードボイスを聞き、かつ右上の効果ウィンドウのスタック状況を見て、《クラゲン》のときにだけ《Σ》を固定するように意識した。

mikegamo.hatenablog.com

『ラストオンセン』

4マナでシールドを1枚ボトム送りにする《アクア警備員 ラスト》を《激沸騰!オンセン・ガロウズ》で出し直す。 エンド時にシールドを再装填されてしまうが、そのターン中に決めれば問題ない。

《激沸騰》の適用先として《MAS》を選択。 5→6で繋がり、《ラスト》を集めるのに貢献してくれる。 さらに、《ラスト》のcipドローで《QED+》への龍解も可能。 この3枚で三角シナジーが形成できている。

《激沸騰》を場に残すため、《シャチホコホール》を採用。 そのために赤黒を入れる必要が出てくる。 トリガー枠かつ《激沸騰》の恩恵を受けやすい《鬼スナイパー》はほんのりオシャレ。

《ピーピングチャージャー》が重要。シールドが安全かどうかを確認し、《ラスト》での詰めに活かす。 《エンゲージ》の位置は正直なんでもいい。真面目に考えるなら《ブラッディ・チャージャー》との選択か。 一応、盾が減る《コダマダンス》は避けた。

『トリプルリバイブデュランザメス』

出費:マガンドx1, ヴェイダーx1

《マガンド》は3種類目の3コストのデーモンコマンド。 《トリプルリバイブ》で3コストデーモンを3体吊り上げれば、《デュランザメス》のG0条件を満たす。 手札をたんまり蓄えたら、《チェーンソー》で全部捨てて面を更地にしてから殴りに行く。

どうあがいても《トリリバ》を撃つのは6ターン目、ゲームに勝つのは7ターン目以降。 《ボンチャ》でブーストしても、《ベリアル》などによる墓地肥やしが十分でなければ《トリリバ》を撃つことはできない。 変に急ぐよりは、ハンデスで時間を稼ぐほうがいいだろう。

6割くらい《フワシロ》のためのデッキ。 26弾では《ギャロウズ》が登場し、3コストのデーモンから《ブラックサイコ》などに侵略する動きは《フワシロ》の特権ではなくなってしまった。 さらに、単体性能が高い《マガンド》も登場。 ここまで来ると、《フワシロ》の役目は「トリリバからマガンドと一緒に出てくる」くらいしかなくなる。

《イッタンイート》は面を食うのがデメリットに見えるが、《ロノヴェル》などを食べさせて面を空ける役割もある。まずそう。

《ヴェイダー》は生成をケチって2枚。4枚積みましょう。