ミケガモのブログ

デュエプレ DMPP-11 環境考察メモ

はじめに

NEXT →

mikegamo.hatenablog.com

← PREV

mikegamo.hatenablog.com

環境初期

新カードで流行っているのが【ライゾウ連ドラ】。 《超天星バルガライゾウ》のダイナミックさが売り。

並びに、相変わらずの【5cフュージョン。 《バイオレンス・フュージョン》でいきなり《ヘヴィデスメタル》が揃うことが判明するやいなや、瞬く間に使用率を伸ばした。

ゴールが分かりやすくかつ豪快なプレイができるこれらのデッキは、 ティミー指向のプレイヤーにも訴求力が高く、人気を集めた。 ただし、どちらも始動が遅い&トリガー弱めのため、【ツヴァイ】【メカオー】などのマジレスデッキには勝ち切れない。

ランプ系が流行したため、それに対して早めに蓋をできる【ドルバロム】が注目される。 速度重視の【黒緑ドルバロム】だけでなく、長期戦により強くした【4cドルバロム】も出てきた。

環境中期

少し環境が進むと、《ヘヴィデスメタル》は《フュージョン》から出すだけでなく、 完成させるだけでほぼゲームエンドできる強力なフィニッシャーとして強さが認知された。

これを活用するのはまず、スタンダードな【5cコン】。 《ゲキメツ》で失われた赤黒の枠をそのまま《ヘヴィデスメタル》が埋めた形。

続いて、フィニッシュに課題のあった【ナイト】。 《シーザー》《ネロ・グリフィス》の貢献もあるが、 大きく躍進したのは《ヘヴィデスメタル》のフィニッシュ力のおかげに思える。 デッキとしては、【メカオー】【ツヴァイ】に強めなのもセールスポイントである。 カラーはデイガ、ついで青デイガをよく見かける。

さらに《ヘヴィデスメタル》完成まで耐え切る、【トリガーHDM】なるデッキタイプも登場した。 普通のコントロールハンデスを絡めた遅延、トリガーカウンターというデッキの現れ方は、 3~4弾環境の《ボルバルザーク》を彷彿とさせるものがある。

《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《ブレードグレンオー・マックス》を手に入れた、 【黒緑速攻】【赤緑速攻】も注目されている。 特にAD【黒緑速攻】の安定感は飛び抜けている。 ただし、【ライゾウ連ドラ】【5cコン】には思ったほど勝てなかったりする。

ランプ系および速攻が一定数いるため、 そこに勝てる【メカオー】【ツヴァイ】【アポロリペア】といったデザイナーズコンボ軍団が相変わらず元気。 安定して勝ちたいときは【メカオー】を握るべきという状況は変わらない。

【ガントラビート】も、安定した試合運びで根強い人気を誇る。 《アマテラス》の登場により青リース型が復権。 《ガルベリアス・ドラゴン》が《ヘヴィデスメタル》を倒せるのも地味ながら嬉しい。

前環境で使用率の高かった【赤青剣誠】は、クロスギアメタ(主に《メタル》)を嫌って使用率が落ちたが、ポテンシャル自体は健在。 《メタル》が出てくる前に勝負をつける意識で、1~2コストのサムライを増やした前寄せタイプが増えている。 【武者】はめっきり見なくなってしまった。

そのほか、ぶっ壊れの《ミルザム》を運用できる【赤白/ラッカボルフェウス】、 《バイケン》獲得で喜びを隠せない【マッドネス】などが選択肢にある。

環境後期

【バルガライゾウ】は回ったときの手のつけられなさから、依然として使用者が多い。 ティミータイプのデッキがここまで長い間残り続けるのは難しい。

【ライゾウ】に負けにくく、なおかつデッキパワーが安定していて無難とされているのが、【赤青剣誠】と【メカオー】。 【赤青剣誠】は、《トモエ》を手に入れて安定性が補強された。【メカオー】は相変わらず。

【ガントラビート】は、《デスドラ》を積んだ黒型が主流になってきた。 【メカオー】には《デスドラ》が、【剣誠】には《アレクセイ》が刺さる。 【ライゾウ】を飛ばされた後も、《デスドラ》で返せることがあったりなかったり。

成熟期になって注目されているのが【リースアポロ】。 《アカギガルムス》で対ビートダウンを、《ボルグレス・バーズ》で対コントロールを制する。 《アポロヌス》はやはりダメなカードかもしれない。

コントロールは【ナイト】か【5cコン】。

【ナイト】は《バレバイ》がキーカードだが、 《ザークピッチ》《ラネーバ》《サウンドシューター》と、 主要デッキがメタを張ってくる可能性があるのが怖い。

ADだと、これに加えていつもの【黒緑速攻】が暴れ回っている。

こんなデッキもあるそうな↓。

上位6~7デッキのパワーバランスは比較的均衡している。 多様なデッキが活躍する環境だと言える。

NDでは《ヘブンズ・ゲート》がスタン落ちしたのが印象的。 【天門】系、【ラッカボルフェウス】、《ミルザム》を入れた【サバイバー】などがAD専用デッキに移行した。

もうじき6弾もスタン落ち。 《ドルバロム》《ヴォイジャー》《ツヴァイランサー》がいなくなる予定。

参考

note.com

note.com