ミケガモのブログ

レオパルドサンマイダーほか【デュエプレ】【DMPP-08N】

【デュエプレ】【DMPP-08AN】

はじめに

サンマイダーを救ってやってください。お願いします。

https://odaibako.net/detail/request/764ab0a8-146b-49c2-ab93-05023bdcfa7a

何かできそうでなかなかできない。 かといって特段弱くもない。 そんなヤツ。

デッキレシピ

メカオーレオパルド型

f:id:mikegamo:20210307233502j:plain

  • コンセプト:A
  • 完成度:A
  • デッキパワー:B
  • 思い入れ:B

二角牙ブラザー型

f:id:mikegamo:20210307233517j:plain

  • コンセプト:A
  • 完成度:A
  • デッキパワー:B
  • 思い入れ:B

キーカード解説

《散舞特機サンマイダー》

f:id:mikegamo:20210307233522j:plain

7-6000,Wブレイカー。 出た時に手札の中からランダムなカード1枚が選ばれ、デッキの中にあるそのカードを全て手札に加える(効果1)。 さらに、自分のターン終了時に手札が3枚になるようにカードを引く(効果2)。

紙の方では効果2しかなかったのが、デュエプレでは追加で効果1を獲得。 最大で同名カードを"3枚"持ってきて、常に手札が"3枚"になるようにするという、"3枚"づくしのカードとなった。

目を引く効果1は、コンボの下準備にぴったりな能力……と見せかけて、選ばれる対象がランダムで決まるのが非常に惜しい。 《ルナ・コスモビュー》を4枚揃えながら手札を溜めたり、 《ヘブンズ・ゲート》や《マーシャル・クイーン》などでプレイするカードを持ってきたりといったムーブに噛ませようとすると、 他のコンボパーツが選ばれてしまう可能性が高い。 他のサーチや大量ドローで持ってくる方が効率は良いだろう。

効果2は効果1の影に隠れがちだが、実際のところは相当強力なリソース源になる。 cipで効果1を使ったターンは手札が溢れていて発動しないだろうが、その次のターン以降にはガンガンドローできる。

冷静に考えると、7マナのcipで2~3ドローができるというのは、実質《二角の超人》のようなものである。 しかも、その後も継続的に1~3ドローを繰り返してくれるという、《ルナ・ブリッツホーク》をも凌ぐドローパワーを持っている。

f:id:mikegamo:20210307234435j:plainf:id:mikegamo:20210307234438j:plain
逆に言えば、コイツらではできないことをしたい。

高速環境において7マナは重すぎるため、環境レベルには届かない。 が、カジュアル目的にしてはだいぶ強いカードである。普通に使っても普通に強い。

いざデッキを組むにあたっては、やはりこのカードにしかできない動きをしたい。 となると、やはり効果1を狙っていきたいところだ。 自分の場合、確率勝負のド派手なコンボを目指すと、決まらなかったときにイライラが勝って回す気が起きなくなってしまう。 いつも通り、堅実な構築を詰めていこう。

効果発動後は、抱えた同名カードを素早く消費することが望ましい。 **軽量カードもしくはG・ゼロカードを呼んでくるのが素直なアイデアである。

《フェアリー・ギフト》

f:id:mikegamo:20210307234210j:plain

補助として使うのは、今回もこのカード。 5マナで《サンマイダー》を投げつけることが出来る。

手札を浪費する《ギフト》と、手札を膨大に確保できる《サンマイダー》は相性良好。 さらに、手札の枚数を《ギフト》で減らすことにより、《サンマイダー》の選択対象を絞り込みやすくなる。

《クローン・スパイラル》

f:id:mikegamo:20210307234337j:plain

サブで呼び出しの対象にしたいカード。 流石にメインを張るほどの魅力は感じない。

クローン系呪文は、同名サーチを活用できるサイクルである。 問題は、ほかのクローンサイクルが使いにくすぎること……。

メカオーレオパルド型

f:id:mikegamo:20210307233502j:plain (再掲)

《統率するレオパルド・ホーン》を投げつける型。 場の4体目として《サンマイダー》を出して《レオパルド・ホーン》を持って来れれば、 そのまま《レオパルド・ホーン》を一気に吐き出して、 効果2のドローまで使っていける。

f:id:mikegamo:20210307234400j:plain

頭数は《機動要塞ピラミリオン》に揃えてもらう。 コンボパーツを引き込むための《アクア・ハルカス》も合わせて、アドバンテージを取りながら展開していく。

f:id:mikegamo:20210307234404j:plain

エナジー・ライト》を撃っている暇が無さそうなので、 《奇術ロボ・ジェントルマン》を採用し、殴りながら手札を整えることにした。 《サンマイダー》を出した後は、手札消費のためにこのカードを普通に召喚するという、世にも珍しいことが起きる。

f:id:mikegamo:20210307234410j:plain

コンボパーツを詰め込んだら防御が死ぬほど弱くなった。 《剛勇王機フルメタル・レモン》で何とか耐えるべし。 真面目な人は《クローン・スパイラル》の代わりに《アクア・サーファー》を入れましょう。

f:id:mikegamo:20210307234617j:plain
フェニックスなんぞ要らぬ。

二角牙ブラザー型

f:id:mikegamo:20210307233517j:plain

普通に使うならこう。 シータかトリーヴァの取り合わせで、ブーストとドローを重ねるミッドレンジで組むのが良い。

《ギフト》が《サンマイダー》専用になるのを嫌って、同じく7マナの《大勇者「二角牙」》を採用。 ブーストから繋いで、4ターン目に一気にリソースを稼ぎたい。

f:id:mikegamo:20210307234729j:plain

《ギフト》先を2種類以上用意しておくというアイデアは、↓のデッキを作ったときに学習した。

mikegamo.hatenablog.com

お遊びカードは《ブラザー・リザード。 1体出すと仲間をタダで出せる。 《レオパルド・ホーン》と違って、《サンマイダー》で呼んできたターンにはプレイできないのが玉に瑕。 出したら相手が笑ってくれると思う。

f:id:mikegamo:20210307234737j:plain

f:id:mikegamo:20210307234906j:plain
《裁》で壊滅じゃん。

おわりに

上手く回らなかったもの、アイデアだけで終わったものをメモ。

  • 複数《ドラグストライク》から複数《サファイア
  • 《英知と追撃の宝剣》か《魂と記憶の盾》連打

パーツ回収は確率的に困難。 コントロールに入れようと思うと、《サンマイダー》を出す時点で手札を減らしておきたいという欲が、 アーキタイプのコンセプトである「アドバンテージと安定性」と矛盾するためやはり難しい。